サービス

レンタルサーバーのWADAX 共用サーバー標準 | セキュリティ セコムトラストシステムズ 定期セキュリティ診断(脆弱性診断)について

セコムトラストシステムズ 定期セキュリティ診断(脆弱性診断)

セコムトラストシステムズ 定期セキュリティ診断

定期的なセキュリティ(脆弱性)診断

WADAXではすべてのサーバーが、セコムトラストシステムズによって定期的にセキュリティ(脆弱性)診断を受けています。

セコムトラストシステムズの優秀なエンジニアがセキュリティホール(脆弱性他)等の状況を診断・調査。
不正侵入などによる被害を受けにくいようにあらかじめ予防しています。

万一問題があった場合、その結果を受けて適切に対応する体制もしっかり確立。
WADAXのサーバーは、不正侵入されにくい、セキュアな安心出来るサーバーを提供しています。

セキュリティ診断のイメージ(全体の流れ)

サービスイメージ

セコムトラストシステムズにて、複数のセキュリティ診断ツール及び手動確認を組み合わせて、
約2500以上の項目について診断を実施いたします。

診断ツールと手動確認を組み合わせることで、ツールによる誤検知排除や、
ツールのみでは検出できない情報の取得が可能となります。

代表的な診断項目

  • ポートスキャン(TCP1~65535番ポート、UDP1~65535番ポート、OS測定)
  • バナー情報取得(サーバアプリケーションに関する情報/設定情報/有効なメソッド・コマンド等)
  • 各種サーバアプリケーション(Web、メール、FTP、DNS、SSH等)に存在する脆弱性
  • ホストの脆弱性(設定上の不備、サーバアプリケーションの不要な機能の有効化等)
  • ルータ/ファイアウォール等ネットワーク機器の脆弱性
ページTop

Copyright (C) 2000- GMO CLOUD K.K., all rights reserved.