障害情報 【10月27日】「全サービス停止のお知らせ」と記載された不正なメールについて
サービス

レンタルサーバーのWADAX Plesk Obsidian機能 開発者向け機能について

Docker対応 NEW

Plesk Obsidianでは、Dockerが利用出来るようになっております。各種ツールやプログラムをDocker Hubから検索、入手しサーバーに取り込むだけで様々なプログラムの管理がかんたんに行えるようになります。

Dockerコンテナを使用することで、NoSQLなどPleskがサポートしていないサービスでもPlesk搭載のサーバー内で利用できるようになります。

※ Dockerの操作はadmin権限が必要となりますので、セルフプランのみお客様でご操作いただけます。

Gitサポート NEW

Plesk Obsidianではソースコード管理システムGitをご利用いただけます。
複数のWebデベロッパーによる開発を円滑に行えるようになります。
GitHub/BitBucketなどのリモートレポジトリとも連携が可能。

Plesk上から直接Gitレポジトリを管理でき、ソースコードが更新されると
対象のディレクトリに対してウェブコンテンツの自動展開が行えます。

複数バージョンRuby NEW

Rybyを複数のバージョンから選択して利用できます。
バージョンはドメインごと設定が可能なので、案件ごとにバージョンを指定して構築を行えます。

Node.jsサポート NEW

Node.jsをご利用いただけます。
Rubyと同様に、ドメインごとに複数のバージョンから設定が可能となっており、
ご要望に応じて柔軟な開発環境の構築が行えます。

PAGE TOP