障害情報 【02月20日】「メンテナンス作業のお知らせ」と記載された不正なメールについて
サポート

レンタルサーバーのWADAX 【専用サーバー】マニュアル Plesk11 ドメイン領域でのCSR(証明書要求)ファイルとKEY(鍵ペア)ファイルの生成手順

ドメイン領域にインストールしたSSLを公開するためには、SNI対応ブラウザを利用する必要があります。
SNI非対応ブラウザをご利用の場合は、共有IPでインストールして下さい。

1. PLESK管理画面へadminユーザにてログインします。
ログイン
2.ホスティングサービス項目にある [契約] をクリックします。
ホーム
3.[ホスティングを管理]をクリックします。
契約
4. 画面上側の [ウェブサイトドメイン] をクリックします。
ウェブサイトとドメイン
5.画面左下の [証明書アイコン]をクリックします。
ウェブサイトとドメイン
6.[SSL証明書を追加]アイコンをクリックします。
SSL証明書
7.証明書名(任意の名称)とCSR情報を入力後、[リクエスト] ボタン をクリックします。
  • 【証明書名】:任意
  • 【ビット数】:「2048」を選択
  • 【国】:Japan
  • 【都道府県】:お客様の都道府県を半角英数字にて入力(例:Osaka Pref)
  • 【都市】:お客様の都市名を半角英数字にて入力(例:Osaka City)
  • 【組織(企業)名】 :お客様の企業名を半角英数字にて入力(例:GMO Cloud WEST,Inc.)
  • 【部/課名】:任意
  • 【ドメイン名】:SSL取得のドメイン名
  • 【メールアドレス】:お客様のメールアドレス
SSL証明書を追加
8.追加した証明書名が表示されます。[証明書名]をクリックします。
SSL証明書
9.画面下部に[CSR]が表示されます。

(例)
-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST-----
この間に記載されている内容です。
-----END CERTIFICATE REQUEST-----

【ご参考】
弊社でSSL取得手続きを行われている方は、このCSR情報をメールにてご連絡願います。

SSL証明書のプロパティ変更
10.証明書名の右端にある[フロッピーのアイコン]をクリックし、pemファイルをお手元のパソコンへバックアップとして保存して下さい。

※pemファイルはCSRと秘密鍵の情報を含みます。
万が一、秘密鍵の情報が外部へ流出いたしますと、SSL通信の内容が傍受された場合、暗号化された通信内容が解読される危険性がございます為、秘密鍵の管理にはくれぐれもご注意下さい。

SSL証明書

以上で作業完了です。

PAGE TOP