お申し込み

レンタルサーバーのWADAX 共用サーバー乗り換えガイド STEP0 事前準備について

0 1 2 3 4 5
移行期間

STEP0 事前準備

メールの受信漏れや、リンク切れを起こさずに移転するためには、移転前のサーバーとWADAXのサーバーを約1ヶ月併用していただくことをお奨めいたします。

ドメイン移管のご確認

利用プログラムの確認

今まで、利用していたプログラムが、WADAXのサーバーで利用できるかご確認ください。 利用プログラムによっては、バージョンの違いにより正常に動作しない場合がありますので、ご注意ください。

OS CentOS 6
Red Hat Enterprise Linux Server release 5.6
Apache 2.2系
perl 5.10系
php 5系
MySQL 5.1系(UTF-8)
PostgreSQL 8.4系(UTF-8)

※新規にお申し込みをいただいたお客様がご利用いただく際のバージョンとなっています。(現在ご利用いただいているお客様につきましては、上記のバージョンとは異なる場合がございますので、ご注意ください。)

メールアカウントの確認

現在ご利用中の全てのメールアカウントについて、改めてWADAXのサーバーで作成していただく必要があります。存在しているメールアカウントが漏れのないようにご確認をお願いします。
※メールアカウントは、無制限に作成できます。

今までのご利用サーバーの契約期間の確認

サイトのリンク切れやメールの受信漏れなどの不具合が起こらないように乗換をするためには、WADAXのサーバーと 旧サーバーのご契約期間を、約1ヶ月程度併用してご利用いただくことをお奨めいたします。 そのため、旧サーバーの解約時期について正確にご確認をお願いします。

【ご注意】移転にともなうDNSの変更と、その浸透期間について

DNS 情報変更に伴う影響

・DNS情報の変更後、新しい情報がインターネット上に浸透(伝播)するまでに早い所で数時間、遅い所になりますと数週間かかる場合があります。

・この浸透期間中にお客様ドメインに対してアクセスした場合、アクセスした方のDNS情報が変更前の旧情報を参照している方は旧サーバーへ、変更後の新しい情報を参照している方は新サーバーへ処理が分散されます。

・具体的な現象といたしましては、全く同じタイミングでお客様ドメインに対して複数の方がアクセスした際、アクセスした方のプロバイダ環境(DNSの浸透状況)により、新、旧、いずれのサーバーにアクセスされるかが異なる、不安定な状態となります。
※お時間が経過すれば、全てのアクセスが変更後の情報を参照し、新サーバーにアクセスされる状態となります。

・上記を踏まえ、Webページを途切れさせずに、かつメールの取りこぼしなどを出さない、スムーズに移設をするために、新サーバー、旧サーバーを並行して運用する期間を設けていただきます。 並行運用期間を設けることで、スムーズで絶え間ないWebとMailの運用を行いながらサーバーの移設が可能となります。

ドメイン移管とは何ですか?
  • ドメインの管理会社を変更することです。管理会社が変更されても、そのドメインが参照しているサーバーは変更されません。 サーバーの切り替えを行うには、ドメイン管理会社にてネームサーバーの変更を行う必要があります。
DNSサーバーとは何ですか?
  • ドメインにアクセスされたり、メールが送られたりした際Webに使用しているサーバーがどこにあるか、メールサーバーはどこにあるかなどの情報が設定されているサーバーです。 ネームサーバーとも呼ばれます。
DNSサーバーの変更とは何ですか?
  • ドメインが参照しているサーバーを切り替えるためにレジストラ(ドメイン名の登録・変更申請を受け付ける組織)にて、登録されているネームサーバー情報を書き換えることです。 ネームサーバーの変更を行うことで、今までご契約いただいていたサーバーから、WADAXのサーバーへ、アクセスを切り替えることができます。 変更後、新しい情報が浸透するまで、約2週間前後の期間が発生いたします。
DNSサーバーの浸透期間とは何ですか?
  • 2週間程度、古い情報が表示されることがあります。 これは、インターネット上に、古い情報がキャッシュされており、その情報を参照するためです。 浸透期間中は、新旧両方のサーバーを並行運用し、メールも両方のサーバーから受信できるように設定することでWebサイトにアクセスできない状態や、メールの受信漏れなどを防げるようになります。
WADAXで用意しているプログラムはありますか?
  • コントロールパネルから、各種プログラムがインストール可能です。

    その場合、「ドメイン登録者本人による申請」かどうかの審査に通らない場合がございますので、あらかじめ Whois情報に掲載される内容をドメイン登録者本人の正しい情報に変更をお願いいたします。
今まで使用していたメールアドレスは、そのまま利用できますか?
  • ご利用可能です。 WADAXのサーバーで、これまでご利用いただいているメールアドレスと同じメールアドレスを作成することができます。 移行期間中は、どちらのサーバーからも受信ができるように、現在のサーバーと、WADAXのサーバーの、両方の受信設定をお願いします。詳しくはこちら
同じメールアドレスを設定することで、何か問題は起こりませんか?
  • 問題は起こりません。アドレスは同じですが、それぞれが異なるサーバー(SMTP、POPサーバー)を利用している状態ですので、特に問題はありません。ご安心ください。
メールアドレスは、いくつまで作成できますか?
  • 作成いただけるメールアドレス数に、制限はありません。 今までのサーバーにて、ご利用いただいていた分メールアドレスを漏れなく作成いただくことができます。
メールの送信サイズに、制限はありますか?
  • 特に制限は設けておりませんが、受信する側のプロバイダや使用ソフトによって制限されている場合がございます。(一般的に、5~10MB前後のサイズに制限されています) また、制限は設けておりませんが、大容量データの送受信は、サーバーの負荷となりますので、ご遠慮ください。
ページTop

Copyright (C) 2000- GMO CLOUD K.K., all rights reserved.