お申し込み

レンタルサーバーのWADAX 専用サーバー乗り換えガイド STEP4 クライアントの設定について

0 1 2 3 4 5 6
移行期間

STEP4 クライアントの設定

※以下、メールクライアントソフトに、OutLookExpressをご利用の場合を例に解説いたします。

クライアント側へ、新サーバーからメールを受信できるようにアカウントを設定します

アカウントの設定が完了するとOutlookExpressに、新旧2つのアカウントが登録されている状態です

一時的に、メールを受信するクライアント側で、もともと登録のあった旧サーバー用のメールアカウントに加え、新サーバー用のアカウントを追加し、メールアカウントの設定が2つある状態にします。

メール

現在の旧サーバー用のクライアント側のアカウント設定を確認します

1.[ツール]→[アカウント]をクリックします。
メール
2.[メール]→[プロパティ] をクリックします。
メール
3.「【旧アカウント名】のプロパティ」画面にて、[サーバー] をクリック。

現在の(旧サーバー用の)受信メール(POP3)名と、送信メール(SMTP)名を確認します。

メール
メール
4. サブミッションポートの設定の確認。

「【旧アカウント名】 のプロパティ」 画面にて、[詳細設定] をクリック、[サーバーのポート番号]→[送信メール]を確認します。25番もしくは587番のいずれであるかを確認してください。587番の場合は、次項で作成する新サーバーのアカウントの同項目を587番に変更するのを忘れないでください。
(25番の場合は、デフォルトで25番となっておりますので、そのままで結構です。)

メール

新サーバー用のクライアント側のアカウントを設定します。

1.[ツール]→[アカウント]をクリックします。
2.[メール]→[追加]→[メール] をクリックします。
メール
3.インターネット接続ウィザード画面にて表示名を入力して[次へ]をクリック。

作成したメールアドレスを入力して[次へ]をクリックします。

4.受信メールサーバーと送信メールサーバーにお客様のサーバーのIPアドレスを入力します。
メール

※移設時は、受信メールサーバー、送信メールサーバーともに、IPアドレスを入力することをお奨めいたしますが、新規ドメイン取得の場合や、DNSの切り替えがすでに完了している場合は、 (例:mail.wadax.ne.jp) でもご利用いただけます。

5.アカウント名には作成したお客様のメールアドレスを入力してください。

※POPやSMTP認証をフルアカウントで認証する設定(デフォルトの設定)としている場合を前提とします。詳しくは前述の「ご参考(メール送受信時の認証について)」をご確認ください。

認証時のパスワードを入力し[次へ]をクリックします。
(PLESKで設定したアドレスとそのパスワードとなります。)

メール
6.設定完了画面にて[完了]をクリックします。
ページTop

Copyright (C) 2000- GMO CLOUD K.K., all rights reserved.