サポート
  • お知らせ
  • 【注意喚起】EC-CUBE用プラグイン「Amazon Payプラグイン2.12、2.13」の脆弱性について(CVE-2019-6003)

お知らせ

レンタルサーバーのWADAX お知らせすべて【注意喚起】EC-CUBE用プラグイン「Amazon Payプラグイン2.12、2.13」の脆弱性について(CVE-2019-6003)

2019.08.08

お客さま各位

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

EC-CUBE用プラグイン「Amazon Payプラグイン2.12、2.13」に関する脆弱性が公表されました。
下記をご確認いただくとともに、対象バージョンをご利用のお客さまにおかれましては、
修正済みのバージョンへのアップデートを行ってくださいますようお願い申し上げます。

概要

 アイピーロジック株式会社が提供する EC-CUBE用プラグイン「Amazon Payプラグイン2.12、2.13」には、
 クロスサイトスクリプティング (CWE-79) の脆弱性が存在します。

 当該製品に管理者権限でログインしているユーザーのウェブブラウザ上で、
 任意のスクリプトを実行される可能性があります。


脆弱性の影響を受けるバージョン

 ・EC-CUBE用プラグイン「Amazon Payプラグイン2.12、2.13」 バージョン 2.4.2 およびそれ以前


対策

 開発者が提供する情報をもとに、最新版にアップデートしてください。
 十分なテストを実施の上、修正済みバージョンを適用することをお勧めします。


参考情報

 ・https://jvn.jp/jp/JVN29343839/
PAGE TOP